ひねくれ者達がひねくれまくった「TWISTER」

NICO Touches the Wallsが2018年に「TWISTER」というepを発表しました。

ボーカルである光村は、俺たちはひねくれ者で、「TWISTER」はそれを最も表現できた作品だとライブmcで語っていました。

宣言通り、「TWISTER」にはスローバラードや、語りかけるような甘い曲は一切ありません。どれもが個性に満ち溢れたパワフルな楽曲達です。

nicoのシングルは人気アニメの主題歌に起用されることが多々あります。それらを聴くと、どちらかというと王道邦ロックなんだなぁと連想させられます。しかし、昔からアルバムに1曲か2曲、これは本当にnicoの曲なのか?と思わせるような楽曲が入っていることがあります。まさにそんな邪道をいく、邪道なnicoをファンにつきつけたかったんだと思います。ライブでの演奏シーンでは本当に自由に、自分たちの好きなように音楽を奏でていました。あぁ、これが音楽の本来あるべき姿なのだと教えてくれるようです。

また、「TWISTER」には全曲まるごとアコースティック版も収録されています。全曲アコースティックアレンジを同じepに入れるという行為こそひねくれ者を表しています。このアコースティックアレンジ、なんとなしに聴いてみると、耳に飛び込んでくるのは全く新しい曲達。そう、通常アレンジのものとは全く別の曲へと変化しているのです。これこそがnicoの強みであり、唯一無二の武器なのです。

自らをひねくれ者と呼ぶ彼らの中には、間違いなくどの時代にも遊び心が存在しています。そして我々ファンはnicoの遊びに振り回されながら付き合っていくのでしょう。ぜひとも邪道なnicoを聴いて、一緒に遊んでいただきたいです。

筆者について

trecomuni

記事を表示 →