真田丸のオリジナルサウンドトラックCD

服部さんが作ったオリジナルサウンドトラックです。
真田丸のメインテーマはバイオリンがいいです。
youtubeがまたいいです。
服部さんの作曲の傾向としてバイオリンの音楽を得意としている感じがします。
機動戦艦ナデシコのアニメの作曲も行なっています。
ゲキガンガーが個人的には好きです。
HEROの主題歌は有名だと思います。
真田丸のメインテーマはピアノでyoutubeでも聞けます。
半沢直樹の作曲家でもあります。
NHK大河ドラマ真田丸は、2004年放送の新撰組以来2度目となる三谷幸喜脚本です。
天正10年甲斐の名門武田は織田信長によって滅亡寸前まで追い込まれていました。
家康のお茶目ぶりを表す音楽も入っています。
真田紐はテンションが上がります。
秀吉は絶対君主として君臨している神々しさのような曲が表現されていますね。
二人で一つは弟と兄の深い愛情が伝わってきます。
出航真田丸は小大名ながら乱世を生きていくんだという意気込みが伝わって来ます。
自分が好きな曲は作戦決行でテンポがいいりリズミカルな曲です。
後に日本一の兵と言われる男は若々しさが伝わって来ます。
行軍は出陣の曲です。
陽はまた登るは人の心をポジティブにしてくれるいい曲です。
動乱は乱世の鼓動がひしひしと伝わって来ます。
視聴率も大河ドラマの中では良かったです。
この服部さんの曲はみんなを元気にしてくれるような曲が多いと思います。

筆者について

trecomuni

記事を表示 →