Lost my music

涼宮ハルヒの憂鬱内「ライブアライブ」にて挿入された楽曲です。
話のメインは「God knows…」であって、この曲はほんのさわりしか流れなかったのですが、前曲とはうって代わって失恋をイメージさせる歌詞と耳に心地よい旋律のギャップがあいまって多くの話題を呼び、また動画サイトにてアマチュアの多くの歌い手たちによりカバーされることにもなりました。
実際、通して聴いてみると、もう何を置いても彼についていくと言った人が失恋してしまったという喪失感を前面に漂わせつつも絶対に諦めないという気持ちも伝わってきて、アップテンポな曲調と非常にマッチしていますし、フラれたというのに聴いていて元気になれる曲でもあります。

また、この曲にはとても「ハルヒらしさ」があります。
作中ではキョンとハルヒは両思いなわけですが、他の女性陣にもキョンは人気がありますし、キョンの方もSOS団の長門やみくるを嫌っているなどということは有り得ないわけですから、ハルヒからすればキョンが他の人のところに行ってしまうことは十分有り得るわけですね。
しかし、ハルヒならキョンに嫉妬したり、他の女性を憎むのではなく、何とか自力でもってキョンを振り向かせるように努力する気がします。
それも、普通の手段ではない、真っ直ぐすぎるほどの好意をぶつけることで事態の打開をはかろうとするように思います。
失恋なのにも関わらず暗さがまったくないこの曲は、まさしくハルヒを主人公にしたもので、作中の挿入歌に実にふさわしいもののように思います。

筆者について

trecomuni

記事を表示 →