くるり「ワルツを踊れ」

私のお気に入りのCDの一つに、くるりのアルバム「ワルツを踊れ」があります。
このアルバムは今までのロックバンドくるりの音楽とは全く違います。
ほとんどの楽曲にオーケストラが入っています。
それまでのくるりは、純粋にロックバンド、ときたまダンスミュージック、テクノといろいろ展開していましたが、このアルバムでついにクラシックとの融合を果たしました。

その中でも素晴らしいのは、「ジュビリー」。
前奏なしで、「そう行かなくちゃ」と歌い出す。
ゆっくりでもなく、しかし早すぎるのでもない、まるで天国にいるかのような、壮大な景色を見ているようです。
たくさんの音、たくさんの楽器が集まっているのに、どこがすがすがしいサウンド。歌詞はではなく歌詩。
その世界観は一度聞いただけでは分からず、何度聞いても新たな発見をし、新たな感動を呼ぶのです。
オーケストラとバンドの音楽が絶妙に混ざり合って、今まで聞いたことがない音楽です。

このジュビリーは栄養ドリンクチオビタのCMの曲としても知られています。
私もこのチオビタのCMでくるりというバンドを知りました。
そこからは、くるりのファンになり、デビューから今までのアルバムを買い漁ったのです。
その中でもこのアルバムは前後のアルバムの中で異色。もともとくるりの岸田繁が、オケとバンドを融合させたいという願いが叶ったアルバム。
その後、岸田のインタビューによれば、このアルバムを作ったあと、燃えついてしまい、次にどのような音楽を作れば良いか途方にくれたそうです。
それほど、このアルバムは重く、聴くに値します。

筆者について

trecomuni

記事を表示 →