ガガガSP「オラぁいちぬけた」

ガガガSPの2ndアルバム(インディーズ時代を含めれば3rdアルバムにあたります)、「オラぁいちぬけた」をご紹介したいと思います。

ガガガSPとは、所謂、『日本語パンク・青春パンク』というジャンルに位置づけられるバンドです。

2000年代序盤から半ばにかけて最盛期の人気がありました。今でも活動しているバンドです。

中でもこの「オラぁいちぬけた」は2003年に発売されており、ファンには好評のアルバムで、

当時の日本のロックやバンドに夢中になっていた人にとっても有る程度は知名度のあるアルバムとなっています。

収録曲には「国道二号線」、「満月の夕」(ソウルフラワーユニオンのカバー)、「晩秋」といったヒットチャートの上位にも入ったシングル曲が含まれ、

セールス面でも好成績を収める事となった1枚です。

ガガガSPのボーカル、コザック前田が作る歌詞には、男の情けなさや純情、青春といった内容が多く含まれており、

勢いの有るパンクサンウンドとボーカルで、聴き手の共感を得ています。

「晩秋」の歌詞『人生とはたぶんそんなもんさ 死ぬまで生きてやろうじゃないか』というフレーズには、

弱った気持ちを熱さと共に語りかけてくれ、私のお気に入りのナンバーの一つです。

ガガガSPというバンド名を今聞いて、ああ懐かしいなと思われる方もいらっしゃると思います。

今でも変わらず、我々の気持ちに答えてくれるような、そんな共感できる内容の唄を歌い、変わらずライブハウスで活躍されています。

是非、ツアーで近くに彼らが訪れた際には、チケットを買って観に行かれてはいかがでしょうか?

筆者について

trecomuni

記事を表示 →