山下達郎 / FOR YOU

1980年代の日本で、ニューミュージックという音楽が流行しました。
70年代のどろくさいロックや、演歌を含めた日本歌謡曲ではなく、シンセサイザーなどを多用した洋楽的でさわやかなポップスでした。
このアルバムは、その中で活躍した山下達郎の代表作のひとつです。
なにより、音のさわやかさに魅かれました。アルバムジャケットも夏を思わせるポップなもので、とても楽しげなのです。
それまで、音楽というとロックでもクラシックでもジャズでも深く表現力のあるものが好きだったのですが、こういう軽く明るい音楽を聴いて爽快な気分になった経験は初めてでした。
音楽を聴いてこんなに心が晴れやかになるなんて、思ってもみない事でした。
しかし、音楽は軽く楽しげですが、決して演奏や曲が安易というわけではありません。
当時の日本のトップミュージシャンが演奏していて、なにより山下さん自身のギターが素晴らしいのでした。
1曲目「SPARKLE」の軽やかなカッティング・ギターは、今では伝説です。
詞の世界もまた素晴らしいものでした。子どもでもなく中年でもない、20歳前後の若者が、恋人と楽しく逢う、夏の海の水しぶきに心が晴れやかになる、そういうイメージを起こさせる歌詞が多く、彼女とドライブをする時や、海にラジカセを持っていって聴くBGMにすごくあうものでした。
そして、「FUTARI」というバラード曲が感動的でした。
山下さんのバラードというとクリスマスソングが有名ですが、僕は「FUTARI」が一番いいバラードだと思っています。

筆者について

trecomuni

記事を表示 →