くるり「ワルツを踊れ」

私のお気に入りのCDの一つに、くるりのアルバム「ワルツを踊れ」があります。 このアルバムは今までのロックバンドくるりの音楽とは全く違います。 ほとんどの楽曲にオーケストラが入っています。 それまでのくるりは、純粋にロックバンド、ときたまダンスミュージック、テクノといろいろ展開していましたが、このアルバムでついにクラシックとの融合を果たしました。 その中でも素晴らしいのは、「ジュビリー」。 前奏なしで、「そう行かなくちゃ」と歌い出す。 ゆっくりでもなく、しかし早すぎるのでもない、まるで天国にいるかのような、... Read More